こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

90.グラタンパン

最近、お教室で人気のグラタンパンは、パン生地を丸く伸ばしてくぼみを作り、そこへたっぷりのグラタンをのせて、チーズをかけて焼く…日本ではおなじみのお惣菜パンです。

e0073947_31720.jpg


実はドイツに暮らす私たちって何気にお惣菜系のパンに飢えていたりするんですね。こちらにはサンドイッチのようにパンの間に具を挟んだものは気軽に食べれますが、いわゆるおかずをトッピングして具材と生地が融合し、微妙に色々な味が重なり合ったところがなんとも言えずにおいしいわぁ~♪と言った、そんな味の組み合わせを楽しむお惣菜系のパンにお目にかかる機会がほとんどないからなのでしょう。

それにこのパンにのせるグラタンが、これまたとっても簡単に作れてしまうので、このグラタン作りもご紹介したいオススメのひとつなんです。ホワイトソース作りと言えば、バターと小麦粉をじっくり炒めて…と大変なイメージがありますが、そんな面倒なことをこの私がするわけがありません(笑)。 そこで登場するのがこちらの「Soßsenbinder(hell)」という魔法の白い粉です。コーンスターチでよく知られるMondamin社やコンソメで有名なMaggi社からでています。

e0073947_324627.jpg


こちらの成分はとうもろこしの澱粉に乳糖や麦芽糖の一部、米粉が使用されていますが、これを沸騰させたお料理に直接入れてかき混ぜると、あっという間にダマのないきれいなとろみがついてしまうんですね。水溶き片栗粉の代用品にもなるので、例えば麻婆豆腐や中華丼の具の最後の仕上げに振り入れて、とろみをつけたり、みたらし団子のたれを作る時に使ってもきれいなとろみを作ることができます。

実はこれ。私が外出しなければならない時に、息子たちの作り置き料理としてよく作ったドリアのホワイトソースとして大活躍していました。牛乳にバターとコンソメスープの素、塩、こしょうを適当に入れて、よく煮立たせてから、この白い粉を振り入れて、程よいかたさのホワイトソースを作り、これを玉ねぎや人参、セロリなどの余った野菜にソーセージやシーチキンなどを加え、ケチャップで味付けをして炊いたご飯の上にかけてチーズをのせて焼く…。調理時間も30分とお手軽なので、お助けメニューと言うよりは、超・手抜き料理のひとつ、と言ったほうが正解かも知れません。
ところが先日、春休みに大学受験を終えて日本から凱旋帰国をしていた二男に、「何が食べたい?」と意気込んで尋ねたところ、真っ先に「ドリア!」と言われ、思いっきり拍子抜けしてしまいました(汗)。せっかく張り切って、おふくろの手料理を振舞おう!なんて力んでいたのに、彼にとってのおふくろの味が、こんな手抜き料理のドリアだった。なんだか申し訳ないような、物足りないような…。そんなもので良いのかな?なんてちょっと複雑な心境だったんです(笑)。

さてお教室で作るグラタンは、玉ねぎとえびを少量の油で炒めて、そこへ牛乳、生クリーム、バター、塩、こしょうを入れて煮立たせてから、 Soßsenbinderを入れて作ります。目安は250ccの水分に大さじ3のSoßsenbinderを入れ、1分間ほどかき混ぜますが、きちんと沸騰させた中に入れてあげると、早くとろみがついてきます。またパン生地にのせるので、グラタンの味はしっかりとつけるのもポイントです。そして成型時に深いくぼみを作って、たっぷりとグラタンを入れてあげてくださいね。焼成後も生地からグラタンが流れ出すことはありませんし、冷めてもおいしいグラタンパンですから、お弁当にもオススメですよ~♪


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by milkieko2 | 2008-04-28 03:41 | 90.グラタンパン