「ほっ」と。キャンペーン

こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:9.おばあちゃんのあんこ( 1 )

9.おばあちゃんのあんこ

東京から東北新幹線で1時間半。私の祖母は福島県郡山に住んでいます。私は小さい頃から夏休みの大半をこの場所で過ごし、学生の頃もOL時代も、結婚して子どもが生まれてからも、折あるごとに祖父母のもとを訪れました。そしておばあちゃんがいつも私のために作ってくれたのが、おはぎでした。小豆ともち米は近くの農家から仕入れます。小豆は洗って二、三度茹でこぼした後に、弱火でやわらかくなるまでコトコト煮ます。そしてこしあんが好きな私とつぶあんが好きなおじいちゃんのために、茹で上がったあずきを半分に分けて、私のあんこのためにはさらに熱いままの小豆をサラシで漉します。それからお砂糖を加えてさらに煮詰めて照りをつけました。できあがったあんこは甘すぎず、蒸したもち米ごはんと絶妙にマッチして食事代わりに20個ほど平らげたこともありました。
そんなおいしいあんこを食べて育った私は、やはり市販の物、特に缶詰のあんこだけはどうしても好きになれません。ですから私はあんこを手作りします。こちらでもBIOのお店で小豆が「AZUKI」として売られています。お値段は2.59ユーロ(約375円)。これをおばあちゃんがやっていたようにやわらかく煮た後、面倒くさがりやの私はフードプロセッサーを使ってこしあんに仕上げます。そして甘さはいつも控えめ。私のあんこを食べた方が「小豆の味が残っていておいしい」と言って下さったことがありました。そう。まさに私が缶詰のあんこが苦手なのは、あんこがただ甘いだけで小豆の味が消えてしまっているからなのでしょう。
一般的にあんこ作りは大変というイメージがありますが、こしあん作りもフードプロセッサーを使えば楽チン。小豆を煮る時間と照りをつける時間は、時々様子を見ながら片手間にできてしまうので、さほど苦になりません。それでもまだまだおばあちゃんのあんこには遠く及ばず…。いつになったらおばあちゃんの味に近づけるのだろう…と思いながら、小豆を漉すときのおばあちゃんの赤くなった優しい手をなつかしく思い出しています。
e0073947_584453.jpg

[PR]
by milkieko2 | 2005-10-04 05:12 | 9.おばあちゃんのあんこ