「ほっ」と。キャンペーン

こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:12.きんつば玉砕( 1 )

12.きんつば玉砕

手先の器用な人と不器用な人という分け方をするならば、私は間違いなく後者の人間です。手先の器用な人は何をやっても上手にできてしまうもので、そんな人はきっときんつばも一回で上手に作ってしまうのでしょう…。と、今回は二度目のきんつば作りが見事に失敗したお話です。
海外に暮らしていると、食べたい時に和菓子を買うことができません。実は私。子どもの頃から生クリーム系の洋菓子より小豆たっぷりの餡子系和菓子が大好きでした。そこで必然的に食べたい和菓子は自分で作ることになるのですが、大福、みたらしだんご、水羊羹、おまんじゅう、どら焼きなど、日本に暮らしていた時には、手作りするなど想像もしなかったものが、案外、お手軽に作れてしまうもので、形の悪さは多少大目に見て頂いても、それなりに満足のいくものを作って参ったつもりでございます。だけどきんつば、されどきんつば…。これだけはどうしても上手にできません。
最初に作った時は、かために練ったあんこに小麦粉と白玉粉を混ぜた衣をつけてフライパンで焼きました。この時はあんこがすぐにダラケてしまい、まるっきり形になりませんでした。そこで今回は念入りに練ったあんこに寒天を加え、さらに冷やし固めたものに衣をつけて焼いたのですが、やっぱり衣が上手にあんこにくっつかないのです。火加減にも十分、気を使ったつもりでしたが、衣は焦げる、熱さであんこはダレル。う~ん。奥が深いぞぉ。きんつば作り。
以前、同じマンションに住んでいた方が作ってくれたきんつばは、衣の焼き加減といい、あんこの食感といい、甘さといい、本当にどれも申し分のない上等なお味でした。その時「簡単ですよ」とメモ書きしてくれたレシピ。同じようにやっているはずなのに…、それなりに研究しているつもりなのに…、やっぱりできない。あぁ~、おいしい手作りきんつばが食べたぁ~い。「私ってやっぱり不器用」を再認識してへこみました。ここはやはり精進?あるのみなのでしょうか…。
そんなわけで今回は写真が掲載できません(泣)。きんつば作りのコツがあったらぜひご教授くださいませ。
[PR]
by milkieko2 | 2005-10-13 02:01 | 12.きんつば玉砕