「ほっ」と。キャンペーン

こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:35.カステラ作り( 1 )

35.カステラ作り

e0073947_6411365.jpg先日、ポルトガルのお土産にカステラの原型と謂れのある「pão de lo」(パンデロー)を頂きました。21cmの丸型で焼かれたこの焼き菓子は、卵をふんだんに使っているせいか生地が黄色くってとってもふわふわ。食べるとほのかにバニラの香りがして、しっとりとしたシフォンケーキを食べているような幸せな気分になります。これが室町時代の終わりにポルトガルの宣教師たちによって長崎に伝えられた…。なるほど、これは確かにカステラのルーツを思わせるにふさわしいお菓子でした。
さてカステラと言えば、子供の頃にテレビのコマーシャルで「3時のおやつは~♪」と白熊たちが踊りながら歌った場面がとても印象に残っているのですが、頂いて食べるだけだったカステラが、自分で作って食べるモノに変わったのは、これまたドイツに暮らし始めてからのこと…。友人にお茶に招かれた時に頂いた手作りカステラが本当においしくって、それ以来、家でもよく作るようになりました。
実は最初に作ったカステラは、生地の下層部分が沈んでしまい、決して上手にできたとは言えませんでしたが、それでも蜂蜜と牛乳が加わっただけで、お味は間違いなくカステラだったことには大感激。とにかくよく失敗を繰り返す私のことですから、その後もめげずに、卵の泡立て方や使う粉の種類を変えたり、隠し味にお醤油やみりんを加えるなど、色々と試し作りをし、その結果、現在の我が家のカステラは、卵は共立て、粉はディンケルの630タイプ(ヨーロッパで購入できるディンケルという麦の630タイプは小麦粉の405や550タイプと同じようにケーキやお菓子、パン作りに使えます。「ドイツの麦」をご参照ください)を使用、そして蒸し焼きにすること1時間。仕上げに焼き上がった上面にみりんをぬり、熱いままラップで密閉して冷まし、一日以上置いてから食べる。といったやり方で落ち着いています。と言うのは、別立て法で薄力粉を使った場合には、食感がかなりケーキに近くなってしまうこと、また生地をしっとりと落ち着かせるために、すぐには食べないなどの理由からです。お教室でも一度、405タイプの粉とディンケルの630タイプの別々の粉を使用してカステラを作り、その食感の違いを食べ比べてもらったことがありました。そしてその違いはと言うと「すぐに食べたときは405タイプがおいしかったけど、日が経つにつれて630タイプのほうが断然、おいしかった」という興味深い結果だったのです。
また私は時々、新聞紙を重ねて型を作り、そこに生地を流して焼きますが、こうすると熱の伝わり方が穏やかなせいか、とってもよく膨らんで満足なカステラを作ることができます。ただ型を手作りする分、多少、形が不揃いになりますので、お出しする時は形を揃えるために、端っこの部分を切り取るのですが、実はこの部分に甘さが凝縮されていて、余ったバラバラなカステラがとってもおいしかったりするんですよ(笑)。
こんなふうに好きなだけ贅沢にカステラを食べられるのも手作りならではのこと…。キッチンからカステラの甘い香りが広がってくると、決まって息子たちが「いつ食べられるの?」と聞いてきます。そうすると小さい頃に、よく一緒に読んだ「ぐりとぐら」の絵本の中の一説。「ケチじゃないよ、ぐりとぐら。ごちそうするから待っていて~」とカステラの匂いに誘われて集まってきた森中の動物たちに歌うセリフを口ずさんでしまいます。
e0073947_6452691.jpg

[PR]
by milkieko2 | 2006-04-22 06:39 | 35.カステラ作り