投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

パン・お菓子あれこれ milkieko Brot&Café


こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。
by milkieko2
カテゴリ
1.はじめに
2.パン焼き器と粉の話
3.お砂糖とお塩の力
4.笑ってください。
5.やっちゃった。
6.化学反応?
7.イーストの話。
8.オニオン三つ編みパンの思い出
9.おばあちゃんのあんこ
10.手捏ねの意
11.Brötchen
12.きんつば玉砕
13.ごくろうさま
14.キッチン再び
15.発酵と温度
16.メロンパンのこと
17.ベルギーの粉
18.四国粉比べ
19.プレッツェル
20.石釜で焼くパン
21.冷蔵発酵のパン
22.おいしいスコーン
23.2005年にDankeschön
24.太陽の手
25.型収集
26.二色ゼリー
27.カナダの粉
28.ロールケーキを作るコツ
29.ドイツの麦
30.Quarkの効用
31.揚げパンの話 ドーナツ編
32.揚げパンの話 カレーパン編
33.おいしいコーヒーはいかが?
34.羊羹対マジパン
35.カステラ作り
36.バターシュガーパン
37.羽根の力
38.一周年の感謝を込めて
39.イタリアの粉
40.大好き♪ フォカッチャ
41.旬を食べよう、ルバーブ
42.Kouglof(クグロフ)
43.生クリームに物申す!
44.New Kitchen♪
45.手作りバター
46.がんばれ、ピタパン
47.パン焼き器にみるお国柄
48.パン焼き器その後…
49.Majka moyaのパン
50.天然酵母ができた~♪
51.土鍋で焼くグラハムブレッド
52.あんみつが食べたい。
53.玉ねぎのケーキと発酵ワイン
54.Weckmann
55.パン・ド・カンパーニュ
56.お手軽チャバッタ
57.アルザスのブッシュドノエル
58.年頭所感・2007年
59.イースト・ドライイースト編
60.イースト・生イースト編
61.朝ごはん①冷蔵発酵パン
62.かんたんトリュフ
63.パリクロワッサンの旅・前
64.パリクロワッサンの旅・後
65.私のクロワッサン
66.あとがき・クロワッサン
67.Bärlauch(ベアラオホ)
68.朝ごはん②プンパーニッケル
69.行列のできるパン屋さん
70.お教室ファイル
71.お惣菜パン
72.お茶会・2007
73.パニーニって?
74.鳥の巣パン
75.湯種パン
76.ブラックバード
77.Obst-doerr-automa
78.ドイツで気分はスウェーデン
79.Mirabelle(ミラベル)
80.Majka moyaのパン その2
81.アムステルダムのパン屋さん
82.発酵ワインで作る天然酵母
83.時は金なり
84.意外においしいシュトーレン
85.クリスマスマルクト
86.年頭所感・2008年
87.シナモンシュガーパン
88.日曜日の楽しみ方
89.ゴマペースト
90.グラタンパン
91.お茶会・2008
92.キャラメルクリームの作り方
93.カルツォーネ
94.フランス祭り
95.アムステルダムのパン屋・2
96.12月はシュトーレン
97.アルザスの朝食で…
98.年頭所感・2009年
99.お引越し
こちらもどうぞ~♪
パン教室の皆さんの作品を「お教室ファイル」に掲載しております。
お教室のご案内や手作りケーキの注文方法についてはこちらからお入りください。
http://klasseheft.exblog.jp/

また過去ブログ「気ままに手作りパン・お菓子」では2005年から2008年までに焼いたパンやお菓子の写真を掲載しています。 
http://panokashi.exblog.jp/ 

いずれも下記のエキサイトブログからリンクしております。

milkieko
最新のコメント
hitsujikaiさん..
by milkieko2 at 10:18
milkiekoさん、あ..
by elise_hitsujikai at 21:57
コメント、ありがとうござ..
by milkieko2 at 05:54
砂糖抜くとどうなるか勉強..
by おいしそう^^ at 06:12
こんにちは、Kikori..
by milkieko2 at 00:26
初めまして☆現在、ドイツ..
by kikori at 04:29
そらさん。そちらでも生イ..
by milkieko2 at 16:22
はじめまして。 私はテ..
by 吉田奈央 at 01:38
パン、焼いてみました。こ..
by そら at 13:53
そらさん。ザグレブからう..
by milkieko2 at 13:24
お気に入りブログ
ライフログ
パン作りのための本
検索
タグ
(7)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
おすすめキーワード(PR)
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

カテゴリ:36.バターシュガーパン

  • 36.バターシュガーパン
    [ 2006-05-04 00:15 ]

36.バターシュガーパン

パン作りのノウハウなど何もわからずに、ただ夢中になってパン作りを始めた最初の頃は、形の不恰好なメロンパンやかたくなったあんぱん、ひび割れたカレーパンでも、一口食べたら「おいしい! また作ってね」と励ましてくれたかわいい息子たち(笑)でしたが、今では「またこれ~」「もうこの味、あきた~」「何、これ~」などと不平、不満を堂々と言う毎日。時々、お教室で「お子さんたちはお母さんのおいしい手作りパンやお菓子を食べられて幸せですね」と言われることがありますが、子供たちにとっては実は迷惑? どうやらあまりありがたいとは思っていないようです。これも日々、試作品を半強制的に食べさせ続けられた結果なのでしょうか。手作りも度が過ぎるとあまり喜ばれなくなるようですから、どうぞご注意くださいませ(笑)。
さてそんな中、最近、息子たちの間で久しぶりにヒットしたパンが「バターシュガーパン」です。小さめに分割したパン生地を、バターとブラウンシュガーを合わせて溶かしたキャラメル状のシロップにたっぷりとつけて、型にポコポコと並べて焼きました。これを割くようにちぎってお口に入れると、プツプツとパンの周りについているバター風味の甘いシロップが、心地よい優しい甘さで、あら、おいしい♪ それにシロップ効果のおかげでパンがとってもやわらかいのです。
本来は生地を30個くらいに小さく分割して一つずつシロップにつけ、型に重ねて入れて焼くのですが、その出来上がりが、おサルさんの好物である木の実に似ていることから「モンキーブレッド」と名づけられています。でも横着ものの私は、生地を小さく分割して一つひとつ丸めるのが面倒だったので(汗)、いつもより生地を小分けにして18cmのエンゼル型に並べて入れて焼く、といった手抜きをしました。それでも息子たちの「うん、おいしい」という素直な感想を聞いて大満足の仕上がりです。やはり喜んで食べてもらえることが、手作りの醍醐味ですからね~。
でも根気のある方はがんばって生地を小さく小分けすることをオススメします。このパンは生地の表面積にできるだけたくさんのシロップがついていたほうが断然、おいしいのです! ちなみに原型のモンキーブレッドのほうは、生地を型に入れる際に、ところどころにレーズンを散らしてありました。
そして型に入れて焼く時は、二次発酵をいつもより長めにして、型の中でしっかりと膨らませてあげてください。またまた失敗談で恐縮ですが、以前、時間がなかったために、きちんと二次発酵をしないまま焼いたことがありまして…、見た目はいつもと変わりのない出来栄えだったのですが、食べたら食感がとってもかたかった、という残念な失敗をしたことがあるのです。
と言うわけで、バターとブラウンシュガーの組み合わせ。たったこれだけでクセになる優しいおいしさは一押しです。

■  [PR]
by milkieko2 | 2006-05-04 00:15 | 36.バターシュガーパン