こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:44.New Kitchen♪( 1 )

44.New Kitchen♪

e0073947_2255085.jpg

ジャ、ジャ~ン! ご覧くださ~い。Kitchenの台が新しく生まれ変わりましたぁ~。

e0073947_2265784.jpg
実は改修前の写真もちゃんと撮影していたのですが、カメラの操作を誤って、全部、削除してしまいましたので、残念ながら両方を比較してお見せすることができません(泣)。参考までに以前の台はこんな濃い色でした。



そう。この家に暮らし始めて、早八年が過ぎ、日本人が多く暮らすこのマンションで、周りの方たちの顔ぶれが次から次へと変わっていく中、すっかり居座ってしまった私たちは、お家の中をリノベーションすることもなく時が流れ、新築で入居した頃に比べると、ずいぶんと年季が入ってきたのです。

そしてキッチンもその一つ。水道周りと調理電熱器の周りの台にはヒビが入って、下の木がむき出しに…。そこで今回、大活躍してくれたのは、もちろん愛する旦那様です。えへっ♪

e0073947_2292180.jpgドイツでは家の修繕のたいていのことは自分たちでしますので、DIYのお店へ足を運べばずらりと並んだ立派な工具類の数々…。日ごろ、包丁を持って仕事をしている主人のことですから、以前から刃物関係は得意技。今回も週末を利用して、古いキッチンの台を外し、新しい台の中に水道と新しい洗面台をはめ込み、調理電熱器を組み込んで、見事に素敵なNew Kitchenに仕上げてくれました!

e0073947_2284456.jpg

長さ3m、厚さ4.5cmのキッチン台はさすがにとっても重いのです。お店から車へ運ぶときに、油断した私は二日間ほどぎっくり腰に悩まされました(汗)。そしてこんなとき頼りになるのは息子達…。


要した費用は材料費のみ約360ユーロ(約5万円)です。かかった時間は土曜日の午後半日ほど。これをお店に注文依頼すると、三倍近い値段の請求書がくるうえ、工事の日まで時間がかかるのが当り前なのですから、節約派のドイツ人は自分たちでやってしまうのですね。

さて我が家の約12㎡ほどの狭いキッチンではありますが、ここは家族のための食事やパン作り、趣味のお菓子作りのため、そしてお教室として、私が一日の中で一番長く過ごす大切な場所です。だから一番、好きな場所にしたい…と日曜日のたびにせっせとガラクタ市に通い、買い集めたお気に入りのカントリーグッズがいつの間にか所狭しと並びました。ついでにちょっとお見せしちゃいますね~(笑)。でも大好きな小物に囲まれていると、心も大いに和み、勇気がたくさん湧いてくるんですよ。
e0073947_236846.jpg

e0073947_236386.jpg

ちなみにガラクタ市ですから、値切って買うのがおもしろいところです。アンティークものはなかなか安くなりませんが、それでも気に入った小物を安く手に入れた時は大満足です♪ そしてどこへ飾ろうかしら…と悩むのもまた楽しみの一つなのです。

e0073947_237484.jpg
e0073947_2374093.jpg

一番上のジョーロの形をしたホーローには洗いたてのふきんを、真ん中のホーローバケツには夕方に洗濯するための使用済みフキンを、下のバケツにはお米を収納しています。

e0073947_238968.jpg


さぁ。New Kitchenで気分一新♪ 今日は何を作ろうかしら…?
[PR]
by milkieko2 | 2006-08-15 03:25 | 44.New Kitchen♪