こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:71.お惣菜パン( 1 )

71.お惣菜パン

昨年の五月からお教室に通い始めて、参加回数が最高記録の19回を達成されたFさんが長いドイツ生活を終えて、先週、日本へ帰国されました。相方のUさんはひと足早く三月に帰国。お二人で一緒に作られた分も合わせると、Fさんがここで制作されたパンの種類は32。お菓子が12種類にも上ります。
そんなFさんの最後のリクエストがお惣菜パンでした。いよいよ日本への出発を三日後に控えて、お家もすでに引き払われたホテル住まいになっていましたので、お部屋でも気軽に食べれる調理パン…というご要望だったのです。

そこであらためてお教室のプログラムを見てみると、お惣菜パンはベーコンを生地の中に入れて、上面にマヨネーズであえたコーンをのせ、チーズをかけて焼く「コーンマヨチーズパン」とハムを生地に巻き込んで、ハートの形に成型する「ハートのハムパン」のたった二種類だけ。あらら、ついつい甘いお菓子パンのほうに目がいっていたようで、お惣菜パンは全くの研究不足。これではちょっといけないなぁ…と大いに反省です。しかもFさんは上記のお惣菜パンはすでに体験済み。ではこの際、色々なお惣菜パンにチャレンジしてみましょう~! ということで、試作も兼ねて一緒に焼いてみたパンが以下の四種類です。

まずは「ソーセージパン・その2」。いつものソーセージパンはソーセージを芯にして巻きますが、こちらは生地を二つに切って張り合わせ、真ん中にど~んとソーセージをのせ、焼き上がりにケチャップをたっぷりとかけました。
e0073947_1825327.jpg


次に「ハンバーグパン」。生地はベーグルのように丸くリングの形にし、くぼんだ中央にケチャップとソースでからめた手作りミニハンバーグと固ゆでしたブロッコリーをのせて、さらにチーズをかけたもの。
e0073947_1833146.jpg


そして味のハーモーニーがどんなふうになるのか、わくわくしながら作った「お好み焼きパン」。こちらはソーセージかハムを生地に巻き込み、開いた生地の上面にソースと刻んだキャベツ、さらにマヨネーズをかけて焼き、鰹節と青海苔をかけた豪華版です。
e0073947_184143.jpg


それから最後はゆで卵をマヨネーズであえて、ハムと一緒に生地で包み、パン粉をつけて焼いたもの。一見、カレーパンのように見えますが、油で揚げてはいないので、とってもヘルシーで軽い食感です。四つの中ではこちらが私の一番のお気に入りとなりました。

e0073947_1843122.jpg


e0073947_1845865.jpg









そして息子たちに好評だったのは、へぇ~と言うか、やっぱり~と言うか、「お好み焼きパン」がかなり高い評価を受けたのです。ソースとマヨネーズ、それに鰹節も生地にとってもマッチするんですね。やはり味がしっかりと感じられることで、お口の中に強く印象が残るのかも知れません。そう言えば、以前、お教室で「たこ焼きパン」の話題がでて、お家で試作された方が、パン生地とたこ焼き、ソースとマヨネーズがよく合うとおっしゃっていたことを思い出しました。そこでこのお好み焼きパンだったら、たこ焼きを使わなくても、この手の組み合わせの味を気軽に楽しめることができます。これは久々に新メニューの誕生です! もちろんしっかりとお教室のプログラムに加えたのは言うまでもありません(笑)。

はたしてFさんご家族には、どのお惣菜パンを気に入って頂けたのでしょう?
お別れに「日本に帰ってもパン作りを続けます!」と宣言してくださったFさん。最終回に手作りしたお惣菜パンはうれしい置き土産となりました。そしてUさんと共にご一緒した時間は本当に楽しいひと時でした。ありがとうございました~♪ 
[PR]
by milkieko2 | 2007-04-27 19:35 | 71.お惣菜パン