こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

カテゴリ:79.Mirabelle(ミラベル)( 1 )

79.Mirabelle(ミラベル)

かわいい名前でしょう。ミラベルって。これ、すものの一種なんですね。黄緑色に近い黄色の直系2cmくらいの丸い形をしていて、アプリコットよりも小ぶり。食べるとコロンと種が外れて、甘酸っぱい香りがお口の中に広がるクセになるお味なんです。

e0073947_715785.jpg


最初の出会いはミラベルのジャムでした。フランスのお土産に友人から頂いたものだったのですが、彼女の旦那様がアルザスに近い生まれのフランス人で、「ドイツに売っていないけど、とにかくおいしい」といつも里帰りをするたびに大量に買ってくるミラベルのジャムをおすそ分けに頂いたものでした。その時も、オレンジ色が鮮やかなフルーティなジャムに感動し、中味がなくなった後もビンのパッケージだけを後生大事に仕舞いこんでいたのです。

それが昨年、毎週末に買い物に行く青空市場の店頭で、この時期に、フレッシュなミラベルを見たときはとにかく感動~! かわいい実がたくさん並んだミラベルの上に、「Mirabelle」って書いてあるのに「これ、ミラベル?」と何度も訊ねてしまったくらいです(笑)。そしてその時に、お店の人が試食に一粒、食べさせてくれたのですが、その爽やかな甘酸っぱさはあこがれの人にやっと出会えたような大きな感動を私に与えてくれたのでした。

このミラベルはフランス・アルザス地方の特産物で、この地方が世界の生産量の約7割をしめているとか…。しかも収穫時期が毎年、8月から9月初旬の4週間程度と短く、生食として楽しめる期間は本当に限られています。なので生食以外にタルトやコンポート、ジャムはもちろんリキュール等の素材として使われ、一年を通して人々に親しまれているフルーツなんですね。

そこで今年もやはりミラベルを買ってジャムを作りました。いつもはケーキに使う余ったいちごやちょっと元気のなくなったりんごなどを使ってジャム作りをする私ですが、やはりアルザス地方で世界的に人気のあるフェルベールさんのジャム作りの本を読んで、「今、目の前にある旬のものを厳選してジャムにする」というこだわりを知り、ミラベルのジャムは一年に一度の私にとって贅沢なジャム作りとなっています。

e0073947_7153773.jpg

このジャム、お教室でスコーンと一緒にお出ししたり、知人に分けたりしましたが、なかなか好評のようです♪

そしてミラベルの名前の由来は、ラテン語で「Mira(looks)・belle(beautiful)」=“目に美しい”。 もし通りすがりの八百屋さんの前でミラベルを見かけたら、ぜひ足を止めて、このかわいい姿をじっくりとご覧くださいね。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by milkieko2 | 2007-08-31 07:24 | 79.Mirabelle(ミラベル)