こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

94.フランス祭り

週末にはじめてアルトシュタットのライン河沿いで行われる「フランス祭り」へ行って来ました! 毎年、この時期に3日間ほど開催されるのですが、デザインのかわいいポスターを見るたびに、なんだか心惹かれるものがあったんですよ~。

    これはパンフレットですが、この表紙がポスターになってます。
    カメラの画像が悪く、きれいなままお見せできず残念。
e0073947_14291311.jpg


お昼過ぎのアルトシュタットは爽やかなお天気で、大勢の人々が訪れておりました。毎年、6月に日本紹介を兼ねて開催される日本デーに比べると、規模は三分の一とこじんまりしたものですが、それでもヨーロッパの人たちにはワイングラスがよく合いますね~。ブースはほとんどがチーズやワイン、フランス風ピザ・Flammkuchen、クレープなどの食べものやさん。珍しいところではニースのラベンダー商品や石鹸などが置いてありましたが、小物はほんのわずかな品数です。

お腹のすいていた主人は早速、特大の串焼きを並んで注文。炭火の上で串にささった肉を上手に回転させて、串の上面に火がつくのを吹き消しながら、店員さんは汗ダクダクの作業です。時々、ナイフで切り込みを入れて焼き加減を確認し、出来上がると天辺にパンを刺して完成~!これで5ユーロ。お肉は豚さんですが炭で焼いていることもあり、やわらかくておいしい…。でもこれってフランス料理? いつもフリマで食べている「豚肉バーガー」(勝手にそう呼んでいるのですが、ドイツのパン・ブロートヒェンに味付けした薄切り豚肉を炭で焼いたものが三枚入っているボリュームたっぷりのサンドイッチのこと)と変わらないんじゃない~!(笑)
e0073947_14223749.jpg

e0073947_14323080.jpg


それにパン屋さんは二件ありましたが、種類が豊富だったお店はよくよく見ると、ドイツのパン屋さんの名前。危うく騙されてクロワッサンを買うところだった(汗)。それでもチーズと一緒に売っていたパン屋さんの「オリーブパン」にはとっても心が動かされたので、一つ買いました。黒と緑のオリーブがたくさん入っていて、ビニール袋の中からなんとも言えないオリーブの香りが…う~ん、しあわせ♪ どうやらこちらはちゃんと発酵生地から手作りで作っているらしく、袋の中でパンが息をしている様子がよくわかりました。おうちに帰ってスライスしてみたら、気泡も適度に含んでおります。でもお味はフランスのパン? と言えば、フランス…?

e0073947_1437281.jpg


  こちらが見た目はフランス風パンでも提供はドイツのチェーン店のパン屋さん。
e0073947_1439941.jpg

  クレープのお店の車は、さすがフランス産のシトロエンを使用。かわいいです♪
e0073947_14383718.jpg

  ワインとチーズ
e0073947_14424784.jpg

  オリーブ屋さん
e0073947_14435141.jpg

  やっぱりお味見拝見のFlammkuchen。
e0073947_14471757.jpg

私が食べたのは、ねぎがのっていたにんにく味。生地は春巻きの皮のようにうすいですね。
でもお味がしょっぱいのが、ちょっと…。
お教室で作るFlammkuchenはドイツパン生地ですが、自分で作ったほうがおいしいかな…と、えへっ、自画自賛(汗)。

そして市庁舎の中庭では三日間にわたり、色々なイベントが催されていたようです。ただしここへ入るのは入場料として3ユーロを払わなければならなかったので、今回は入り口からのぞいただけでした(笑)。だってこの後は、対岸沿いに出現した移動遊園地で恒例のドイツの夏を楽しみたかったのですもの~♪ そしてもちろん、渡し舟で向こう岸へ渡りましたよ。片道2ユーロですが、風が気持ちよかったぁ~。

e0073947_14485517.jpg


なんだかフランス祭りを訪れたのに、すっかりドイツの気分を満喫した日曜日のデートでした(笑)。それでも「ドイツ語でフランスの買い物ができるのは良いね」と言う主人の一言には同感です! フランス語ができたら、きっともっとフランスの旅が楽しくなるだろうなぁ~♪ また行きたいです。あっ、もちろん今度は本場のフランスへ…。
[PR]
by milkieko2 | 2008-07-14 15:15 | 94.フランス祭り

93.カルツォーネ

最近のMyブームで勢いにのり、お教室のレシピにもUPしてしまったのが、イタリア生まれの「カルツォーネ」。日本では宅配ピザ屋さんのメニューのひとつにあるそうですが、ピザ生地の中にトマトソースや具を包んで、餃子のような形にして焼く、見た目も中みも楽しいイタリア料理です。

e0073947_5272438.jpg

私は100gの粉にオリーブ油と塩、イーストを入れて生地を捏ねますが、これで大きな特大餃子が一人前というビックサイズ。食べ過ぎだなぁ~と思いつつも、あまりに満足のいく一品なので許しちゃおぅ~(笑)。そして中の具にはトマトソースにベーコン、ゆでたまご、チーズに乾燥バジルが定番ですが、ベーコンをツナに代えたり、コーンやマッシュルームを入れたり、またはトマトソースは抜きにして、スモークサーモンとカーマンベールチーズを交互に置いたりして、味の変化を楽しんでいます。そう。要するにピザの上にのせる具だったら、何でも中に入れてOKなのですよ。そして生地を半分に折って包み、上面にオリーブ油をぬって、210度のオーブンで約12分くらい焼いて完成です♪

発酵はピザ生地同様、一回だけの一次発酵のみで十分ですから、できあがりもこれまた、早いんですねぇ~。しかもあまりに急いでいる場合には、大さじ1のドライイーストを入れて、発酵なしで焼いちゃうこともできちゃいます。ただしこの場合は冷めると生地がかたくなるので、残さずきれいに食べきってしまうことが条件ですけどね(笑)。

そんなカルツォーネを先日は親子教室でお子さんと一緒に作りましたが、生地捏ねはビニール袋に材料を入れてモミモミしただけ…。時々、袋を机に叩きつけたり、めん棒でたたいたりしましたけれど、手を汚すこともなく、そのままビニール袋に入れて発酵もさせてしまったという思いっきり横着者の生地作りをしてしまいました(汗)。あまりの簡単さに、ママからパンを作った気がしなかった、というコメントを頂いたくらいです(笑)。それでもできあがったカルツォーネをフォークとナイフで切り分けて上品にお口に運べば…うふふ、ちょっと華麗な一品に大変身です!

e0073947_5285495.jpg


このカルツォーネとは、イタリア語で「長ズボン」を指し、実際は中世の貴族がズボンのように履いていた大きな靴下のことを意味するそうですが、円形のピザを二つ折りにして焼いたこのパンピザをイタリアでは1600年頃から食べていた…というのですから、さすが「Bibaイタリア~!」まだまだお手軽・イタリア料理は止まりません。やっぱり今日のメニューもイタリアンかな♪

e0073947_5294559.jpg


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by milkieko2 | 2008-07-12 05:43 | 93.カルツォーネ