こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

99.お引っ越し

あれこれと想うことを書き始めたこちらのブログですが、新しい年明けとともに、この続きは「気ままにパン&お菓子、ときどきパパごはん」のほうへお引越しすることにいたしました。

私ったら、一つのテーマに沿って書き始めると、ついつい長々となってしまう傾向にあるみたい(笑)。最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。

今度は少し肩の力を抜いて、お気楽に更新できるようにがんばります。
引き続き、どうぞお付き合いくださいませ。
[PR]
by milkieko2 | 2009-01-15 10:33 | 99.お引越し

98.年頭所感・2009年

e0073947_5212322.jpg


この冬休みの間に、今年のお年賀代わりにお教室の皆さんにお配りしようと、ミルクパンの生地で牛の顔に成形したパンを焼いてみました。
いやいや、本当にキャラクター物が下手でごめんなさい(汗)。今回も成形は「こなこな研究室~K.K laboratory~」を参考にさせて頂いたのですが、溶かしたチョコレートで顔を描く作業の絵心のなさに、年始からすっかり落ち込んでしまいました(泣)。どう見てもカバ? と思えるお顔に「今年はうし年だから、みんな、わかってくれるんじゃないの~?」という息子たちの半ば同情のような慰めの言葉と「今年はカバ年です!って渡せばいいよ」とお気楽に笑う主人…。今年もどうやら新年早々から、またお教室の皆さんに私の恥ずかしいところをいっぱいお見せすることになりそうです。

それにしても発酵を終えたやわらかなパン生地をさわっていると、どうしてこんなに優しい気持ちになれるのでしょう…。お教室でも「癒される」という言葉をよく耳にしますが、パン生地の静かな呼吸が私たちの手を通して直接、伝わってくるからかしら? だってふわふわとしたやわらかな生地は、力を入れて手荒く扱えばすぐに壊れてしまうでしょう。だから、どうしたって誰もが赤ちゃんを包むかのように優しく生地を手にするんですよね。そうすると不思議なことに四角かった気持ちでさえ丸くなってしまう。パン作りをする人はみんなこの魔法にかかってしまうようです。

以前、大好きなお花の先生が活け花の実演と講演をされたときに、「私たちはお花からたくさんのパワーを頂いているのですから、そのことに感謝の気持ちを忘れてはダメ」とおっしゃった言葉が印象に残っています。この世に息づくものはみんな生かされている。その命を通して、そこからたくさんのエネルギーを頂いているということ。そう考えるとパン生地も、イーストによって目覚め、発酵して呼吸を始めた小さな命です。そんな小さな息吹が私たちを幸せにしてくれるのでしょう。ありがたいことです♪

またある時、「私には才能がなくて…」と、先生に愚痴をこぼしたときに、「才能は磨くものよ。」と凛として励まされた言葉も私にとっては大切なひとこと。そう。きっと私ももっとがんばれば、カバではないウシの顔がちゃんと描けるようになるのかも…。もちろん、焦らずに一歩、一歩。たとえ牛のようにゆっくりとした歩みでも、少しでも前に進めたら良いなぁ~。

と、そんな気持ちを大切に、2009年は少し「動」の年になる予感?(笑) 今年もまたお教室の皆さんと楽しいパン作りの時間を過ごせますように…そして皆さんの幸せな想いがご家族の皆さんにも広がっていきますように…と願いながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

さてお知らせです。
現在、私のつたないブログはこちらの「パン・お菓子あれこれ」と「気ままに手作りパン・お菓子」の二つに分かれておりますが、今後は一つのブログにまとめて発信しようと計画中です。準備が整い次第、あらためてお知らせいたしますが、新ブログのほうもぜひお楽しみくださいね。
また「お教室ファイル」はそのまま従来通り、お教室の皆さんの作品を掲載していきますので、こちらのほうも引き続きご覧ください!
[PR]
by milkieko2 | 2009-01-05 07:14 | 98.年頭所感・2009年