「ほっ」と。キャンペーン

こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

タグ:お惣菜パン ( 2 ) タグの人気記事

90.グラタンパン

最近、お教室で人気のグラタンパンは、パン生地を丸く伸ばしてくぼみを作り、そこへたっぷりのグラタンをのせて、チーズをかけて焼く…日本ではおなじみのお惣菜パンです。

e0073947_31720.jpg


実はドイツに暮らす私たちって何気にお惣菜系のパンに飢えていたりするんですね。こちらにはサンドイッチのようにパンの間に具を挟んだものは気軽に食べれますが、いわゆるおかずをトッピングして具材と生地が融合し、微妙に色々な味が重なり合ったところがなんとも言えずにおいしいわぁ~♪と言った、そんな味の組み合わせを楽しむお惣菜系のパンにお目にかかる機会がほとんどないからなのでしょう。

それにこのパンにのせるグラタンが、これまたとっても簡単に作れてしまうので、このグラタン作りもご紹介したいオススメのひとつなんです。ホワイトソース作りと言えば、バターと小麦粉をじっくり炒めて…と大変なイメージがありますが、そんな面倒なことをこの私がするわけがありません(笑)。 そこで登場するのがこちらの「Soßsenbinder(hell)」という魔法の白い粉です。コーンスターチでよく知られるMondamin社やコンソメで有名なMaggi社からでています。

e0073947_324627.jpg


こちらの成分はとうもろこしの澱粉に乳糖や麦芽糖の一部、米粉が使用されていますが、これを沸騰させたお料理に直接入れてかき混ぜると、あっという間にダマのないきれいなとろみがついてしまうんですね。水溶き片栗粉の代用品にもなるので、例えば麻婆豆腐や中華丼の具の最後の仕上げに振り入れて、とろみをつけたり、みたらし団子のたれを作る時に使ってもきれいなとろみを作ることができます。

実はこれ。私が外出しなければならない時に、息子たちの作り置き料理としてよく作ったドリアのホワイトソースとして大活躍していました。牛乳にバターとコンソメスープの素、塩、こしょうを適当に入れて、よく煮立たせてから、この白い粉を振り入れて、程よいかたさのホワイトソースを作り、これを玉ねぎや人参、セロリなどの余った野菜にソーセージやシーチキンなどを加え、ケチャップで味付けをして炊いたご飯の上にかけてチーズをのせて焼く…。調理時間も30分とお手軽なので、お助けメニューと言うよりは、超・手抜き料理のひとつ、と言ったほうが正解かも知れません。
ところが先日、春休みに大学受験を終えて日本から凱旋帰国をしていた二男に、「何が食べたい?」と意気込んで尋ねたところ、真っ先に「ドリア!」と言われ、思いっきり拍子抜けしてしまいました(汗)。せっかく張り切って、おふくろの手料理を振舞おう!なんて力んでいたのに、彼にとってのおふくろの味が、こんな手抜き料理のドリアだった。なんだか申し訳ないような、物足りないような…。そんなもので良いのかな?なんてちょっと複雑な心境だったんです(笑)。

さてお教室で作るグラタンは、玉ねぎとえびを少量の油で炒めて、そこへ牛乳、生クリーム、バター、塩、こしょうを入れて煮立たせてから、 Soßsenbinderを入れて作ります。目安は250ccの水分に大さじ3のSoßsenbinderを入れ、1分間ほどかき混ぜますが、きちんと沸騰させた中に入れてあげると、早くとろみがついてきます。またパン生地にのせるので、グラタンの味はしっかりとつけるのもポイントです。そして成型時に深いくぼみを作って、たっぷりとグラタンを入れてあげてくださいね。焼成後も生地からグラタンが流れ出すことはありませんし、冷めてもおいしいグラタンパンですから、お弁当にもオススメですよ~♪


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by milkieko2 | 2008-04-28 03:41 | 90.グラタンパン

71.お惣菜パン

昨年の五月からお教室に通い始めて、参加回数が最高記録の19回を達成されたFさんが長いドイツ生活を終えて、先週、日本へ帰国されました。相方のUさんはひと足早く三月に帰国。お二人で一緒に作られた分も合わせると、Fさんがここで制作されたパンの種類は32。お菓子が12種類にも上ります。
そんなFさんの最後のリクエストがお惣菜パンでした。いよいよ日本への出発を三日後に控えて、お家もすでに引き払われたホテル住まいになっていましたので、お部屋でも気軽に食べれる調理パン…というご要望だったのです。

そこであらためてお教室のプログラムを見てみると、お惣菜パンはベーコンを生地の中に入れて、上面にマヨネーズであえたコーンをのせ、チーズをかけて焼く「コーンマヨチーズパン」とハムを生地に巻き込んで、ハートの形に成型する「ハートのハムパン」のたった二種類だけ。あらら、ついつい甘いお菓子パンのほうに目がいっていたようで、お惣菜パンは全くの研究不足。これではちょっといけないなぁ…と大いに反省です。しかもFさんは上記のお惣菜パンはすでに体験済み。ではこの際、色々なお惣菜パンにチャレンジしてみましょう~! ということで、試作も兼ねて一緒に焼いてみたパンが以下の四種類です。

まずは「ソーセージパン・その2」。いつものソーセージパンはソーセージを芯にして巻きますが、こちらは生地を二つに切って張り合わせ、真ん中にど~んとソーセージをのせ、焼き上がりにケチャップをたっぷりとかけました。
e0073947_1825327.jpg


次に「ハンバーグパン」。生地はベーグルのように丸くリングの形にし、くぼんだ中央にケチャップとソースでからめた手作りミニハンバーグと固ゆでしたブロッコリーをのせて、さらにチーズをかけたもの。
e0073947_1833146.jpg


そして味のハーモーニーがどんなふうになるのか、わくわくしながら作った「お好み焼きパン」。こちらはソーセージかハムを生地に巻き込み、開いた生地の上面にソースと刻んだキャベツ、さらにマヨネーズをかけて焼き、鰹節と青海苔をかけた豪華版です。
e0073947_184143.jpg


それから最後はゆで卵をマヨネーズであえて、ハムと一緒に生地で包み、パン粉をつけて焼いたもの。一見、カレーパンのように見えますが、油で揚げてはいないので、とってもヘルシーで軽い食感です。四つの中ではこちらが私の一番のお気に入りとなりました。

e0073947_1843122.jpg


e0073947_1845865.jpg









そして息子たちに好評だったのは、へぇ~と言うか、やっぱり~と言うか、「お好み焼きパン」がかなり高い評価を受けたのです。ソースとマヨネーズ、それに鰹節も生地にとってもマッチするんですね。やはり味がしっかりと感じられることで、お口の中に強く印象が残るのかも知れません。そう言えば、以前、お教室で「たこ焼きパン」の話題がでて、お家で試作された方が、パン生地とたこ焼き、ソースとマヨネーズがよく合うとおっしゃっていたことを思い出しました。そこでこのお好み焼きパンだったら、たこ焼きを使わなくても、この手の組み合わせの味を気軽に楽しめることができます。これは久々に新メニューの誕生です! もちろんしっかりとお教室のプログラムに加えたのは言うまでもありません(笑)。

はたしてFさんご家族には、どのお惣菜パンを気に入って頂けたのでしょう?
お別れに「日本に帰ってもパン作りを続けます!」と宣言してくださったFさん。最終回に手作りしたお惣菜パンはうれしい置き土産となりました。そしてUさんと共にご一緒した時間は本当に楽しいひと時でした。ありがとうございました~♪ 
[PR]
by milkieko2 | 2007-04-27 19:35 | 71.お惣菜パン