こんにちは~♪ ドイツのデュッセルドルフでパン教室を開いています。パン好き、粉好きのmilkiekoと申します。ドイツの暮らしや食材、日ごろ感じる小さな私の想いをご紹介しています。


by milkieko2

タグ:カイザーゼンメル ( 1 ) タグの人気記事

89.ゴマペースト

今までドイツにあれば良いなぁ~と思っていた食品。先日、よく行くBIOのお店で、発見しました! その名は「ゴマペースト」(2.29ユーロ)です(笑)。
e0073947_0105162.jpg

さてこのゴマペーストを大興奮で購入したのは良いけれど、よくよくお家に帰って見てみると、なんとラベルにmit Salzの表示が…。つまり塩入りだったんです(汗)。このへんが本当におっちょこちょいな私らしく、ちゃんと塩なしが隣りに並んでいたにもかかわらず、うっかり手にしたものが塩入りで気づかずに購入してしまった、というよくあるドジな話(笑)。
それでも気を取り直して、まずはパンに直接、ぬって食べてみると、これはゴマの風味がとっても豊かでコクのある濃厚な味わいです♪ これぞまざにゴマペースト! 気になる塩加減もそれほど味に影響はなく、ルッコラを茹でたおひたしに和えたり、蒸したなすにかけたり…と、お料理のレパートリーが何気に増えてうれしい限り。しかもゴマをたっぷりと生地に加えて作るゴマ食パンには、バターの代わりにこのゴマペーストを使ってあげると、風味が一段とアップするんですよ。あぁ~、ゴマの香りって芳しいわぁ…。

そこで余談になりますが、ドイツでは白ゴマがパンやお菓子などに使われているのをよく見かけますが、白ゴマしか流通されていないため、黒ゴマがないんですね。それにこの白ゴマも日本のように洗いごま、炒りごま、すりごま…なんて丁寧に分類されて売られているわけではなく、ちょっとプレスしたような平たい形をしている粒状のものだけ。それもどちらかと言うと日本より小粒かしら。これがパンの上にたっぷりとかかっているのが、おなじみのカイザーゼンメルンというパンです。

e0073947_0123125.jpg

↓カイザーゼンメルンはオーストリア生まれのお食事パン。ドイツでよく見かける形ですが、プレーン味からゴマ、ケシの実など色々なトッピングしたものがあります。通常は型を使って上面に王冠模様をつけますが、私は型をもっていないので、ひと結びしながら風車のような形にしています。だからちょっといびつです(笑)。
↑ドイツのゴマe0073947_0411115.jpg










同じくゴマ油は「Sesam Öl」として売っていますが、こちらも白ゴマ油なので味も香りもほとんどありません。初めてこちらのゴマ油を買ったときは、開けてびっくり~! 中華用の茶色い油を想像していたのに、普通のサラダ油とまるで同じようなものだったのですから、驚きを通り越してショックでもありましたよ(笑)。どうやらドイツの人たちはこの白ゴマ油を直接、サラダにかけて食べたりするようで、火を加えることがないんですね。アジア料理で使う用途とはちょっと役割が異なるみたいです。

ところでゴマが体に良いことは周知の事実ですが、それはゴマに含まれる「セサミン」という物質が、身体の酸化を防ぎ、抗酸化作用によって老化防止の役目をしてくれるからだそうです。コレステロール値を下げたり、アルコールの分解を促進するため、肝臓のはたらきを高めたり、二日酔いや悪酔いの予防にも効果があるとか。よく玄米ご飯とゴマの組み合わせは最強のコンビと言われますが、これは体の免疫機能をより高めてくれることからもちゃんと理に適っているのですね。日本には仏教とともにゴマが渡ってきたと言われていますが、肉食を禁じていたお坊さんたちにとっても貴重な栄養源だったようです。

またゴマの種類によって栄養的な違いがあるのかは気になるところですが、黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマ(茶ゴマ・黄ゴマ)…、種皮の色によって分けられる、とのことですから、どれもあまり差はないようです。ドイツにいる間は、せめて普通に手に入る白ゴマだけでも大いに活用したいところです。

ではゴマに由来したおもしろいお話を二つ。「ごまかす」なんて言葉を日常的に使いますが、こちららは江戸時代にあった「胡麻胴乱」というお菓子からくる説があります。このお菓子は小麦粉にゴマを入れてこねて焼いたもの。ゴマの香りがして見た目はとってもおいしそうなのだけれど、食べてみると中身が空っぽで、見かけは良いけど中身が伴っていないことから「ごまかし」と呼ぶようになり、そこから「ごまかす」という言葉になったとか。また料理にごまを加えると味がよくなることから、味を化かすという意味で「ごまかす」から「ごまかし」という言葉が生まれた、とも言われています。
そして「ひらけ、ゴマ」というセリフ。洞窟の扉を開けるときに使うかけ声として、「アリババと40人の盗賊」にでてきますが、こちらはアラビア語でごまの種が弾ける様子を表しているんですって。

ゴマペーストを使うおいしいレシピをご存知でしたら、ぜひお知らせください♪

e0073947_0382066.jpg

           こちらは天然酵母で作ったゴマのリュスティックです。
           生地の中にゴマペーストとゴマをたっぷり使用しました。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by milkieko2 | 2008-03-11 06:25 | 89.ゴマペースト